七草粥を食べる由来と意味。七草の種類と効果について

春の七草とは、みなさんご存知のとおり1月7日に食べるお粥のことです。では、「なぜその日に食べるのか」「七草の種類」などご存知でしょうか?今回は、七草の由来と由来、七草を食べることで、身体にどんな効果があるのかをご紹介します。

七草粥の由来と意味

1月7日というのは「人日の節句」と言われ、「五節句」のひとつになっています。七草粥は中国から伝わったもので、中国でも7日に温かい汁物を食べ、その年の無病息災を願う風習がありました。日本は江戸時代以降、新年から数えて7日目に七草粥を食べる風習が広く一般行事になりました。

七草の種類と効果

七草といえば「セリ・なずな・ごぎょう・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ(カブ)・スズシロ(大根)」。セリやハコベラ、スズナ、スズシロは消化促進があり、ホトケノザは肝臓回復があり、それぞれの草にはビタミンが豊富で身体を癒す効果があります。

まとめ

私が幼かったころ、「七草粥はお正月にたくさんご馳走を食べて弱った胃腸を整える効果があるんだよ」と祖母から教わりました。小さい頃は、苦手だった七草粥も大人になると、不思議と身体に優しい美味しさを感じます。
さてみなさまもそれぞれのご家庭で楽しいお正月を過ごさると思います。本来の七草粥は、無病息災と疲れた胃腸を癒しことです。そして新たな一年を過ごせる身体の準備を整えていきましょう。

文 mina

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。