昔はお年玉がお餅!お年玉の由来といつからお金に変わったの?

お正月行事のひとつで、子どもの頃の楽しみといえば、お年玉ですよね。大人から子どもへお小遣いが渡される日本独自の慣習は、どこからきたものなんでしょうか。お年玉の歴史をたどると日本文化を学べます。

お年玉の由来

お正月の目的は、新しい年に各家庭にやってくる神様である「年神様」をお迎えし、おもてなし、お見送るという大切な行事を意味します。年神様がお家にやって来ると、新しい1年の恵みや幸福を魂というなのお餅玉として分けてくださいます。そこで、その年のお餅玉に宿った魂が「年魂」といい、それを各家庭の家長が「御年魂」や「御年玉」などとして家族に分け与えたことが、お年玉の由来といわれています。

お年玉がお金に変わったのは昭和から

御年玉の風習は、江戸時代の庶民に浸透したと言われています。その頃にはお餅にこだわらず、お金や品物を渡すことがあり、総称として年始に贈ったものを「お年玉」といいました。

それから明治、大正、昭和と時代が移り変わり、高度経済成長期の昭和30年代後半、都市部を中心に贈る相手は子ども達となり、お金が主流となりました。なかには「昔はお金ではなくお餅だった」というおじいちゃんおばあちゃんがいるかもしれません。

お正月にお雑煮を食べる理由

お正月にお餅を入れて食べているお雑煮。これは、年神様が宿った力のあるお餅を体へ取り入れるために食べると言われています。お正月にお餅を食べないと新年を迎えられないという想いにかられるのは、日本人がこの慣習に身体が馴染んでいるからなんですね。お正月にそんな話をしたらおじいちゃんおばあちゃんも喜んで子ども時代の話をしてくれるかもしれません。

文 mina

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。