バレンタインの歴史と由来、他の国との違いは?いま、日本のバレンタインとは?

そろそろバレンタインの季節になりますね。今回は、意外と知られていないバレンタインの歴史と最近の日本でのチョコレートの渡し方を紹介します。

バレンタインの歴史と由来

バレンタインの歴史は、遠い昔、ローマ時代までさかのぼります。3世紀ごろ、ローマの若者は、結婚することで、国のための戦争なのに命をかけて戦う若者の士気が弱くなと考えられ、当時の皇帝に結婚することを許されていませんでした。そんな若者達の姿を見ていたキリスト教の司祭、ヴァレンチノ(バレンタイン)が哀れに思い、皇帝に内緒で若者の結婚をとり行っていたのです。ところがそのことを皇帝にみつかってしまい、のちに処刑されてしまいました。その後、ヴァレンチノ(バレンタイン)司祭の行動に感動した民衆が恋人の守護神と崇め「聖バレンタイン」としてまつり、処刑された2月14日を「聖バレンタインデー」と呼ぶようになったのがバレンタインの由来となります。

海外で行われているバレンタイン

バレンタインデーは2月14日と世界共通ですが、実はプレゼントを渡す目的は各国により違っています。

欧米諸国のバレンタインは、恋人たちのための日とされ、男性から女性へプレゼントを渡すことが一般的で、お花やメッセージカードなどが贈られます。また、家族や学校の先生など親しい人にカードやプレゼントを贈ることもあるようです。
そのほかベトナムやインドでも男性が女性へ花束を贈る日とされています。

日本のバレンタイン

日本のバレンタインデーが始まったきっかけは、色々な諸説がありひとつにしぼることができません。さらに2月14日に女性から男性へ告白するという風習が定着したのは、企業側の商業目的で始まり、1970年ごろだと言われています。ただ最近では、多様的な考えが浸透し「本命チョコ」「義理チョコ」や「自分チョコ」「友チョコ」「逆チョコ」など様々な目的でチョコレートを渡す方が増えています。

日本ではバレンタイン本来の意味が少し多様化しており違っているようにも感じます。ですが、恥ずかしがり屋の日本人ならではの愛情表現の日として、バレンタインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

文:mina

ASA東川口HP掲載中!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。